CBDオイル

守らないと…最悪逮捕も?CBDオイルは海外発送よりも絶対に国内発送!

結論、国内発送一択!海外発送なんて論外!※個人的な感想です(以下の記事内容も含む)

女性A
女性A
CBDオイルは海外製の方が高品質って聞きました!海外から直接購入した方がいいですか?
男性A
男性A
楽天とかヤフーでも海外発送のお店があるんだけど、どうなの?

今回は、こんな疑問に簡単・わかりやすいをモットーにお答えします。

既に結論で伝えている通り、海外発送でわざわざ購入する方も少ないと思いますが、最悪の場合…大麻取締法違反で捕まってしまう可能性もあるでのお話します。

理想の形は『海外製造』『国内配送』のCBDオイル

女性A
女性A
海外発送が論外なら、国産CBDオイルにすればいいんですか?
治太
治太

それは間違いです。

国産CBDオイルは避けるべきです!

そもそもCBD製品は日本国内で製造できないため、海外産のCBD製品に頼るしかない。

国産CBD商品も一応存在しますが、結局のところCBD成分の結晶(アイソレート)を海外から輸入して日本国内でオイルなどの他成分と混ぜて商品化しているだけです。

詳しくはコチラの記事で話しています。

必読推薦!CBDオイルの国内製造は嘘!日本・国産よりも海外産の方がイイ理由!結論、純粋な国産CBDオイルは存在しない!海外製の方が圧倒的に優れている! 日本製!国産!って皆さん大好きですよね。自分も大好きです! しかし、CBDオイルに関しては、口が裂けても国産が良い商品とは言えません… オススメしない理由や使用感など、簡単・分かりやすいをモットーにお話していきます。...

超わがままな話…国産の低品質なCBD商品ではなく、海外産の高品質なCBD商品が欲しいけど海外発送は不安!だから、国内のお店におろされた海外産CBDオイルが理想!って訳です。

昔は海外発送でなければ購入できないCBDオイルブランドや商品もあった

自分は、CBDオイル歴がそこそこ長く国内外でCBDオイルを購入してきましたが、一度も海外発送が良いと思ったことはありません。

昔は海外発送でなければ購入できないCBDオイルブランドや商品もあり、仕方なく海外のお店や海外発送のお店で購入していましたが、現在は多くのCBDブランドや商品を日本の国内発送のお店で購入することができます。

わざわざ発送が遅く関税のことも考えなければいけない海外発送を選ぶ理由はありませんね。

海外発送のメリットを考えてみました。

海外発送のメリットは…なんかオシャレ?

治太
治太
海外から荷物を待っている自分…なんかオシャレ?
女性A
女性A
それだけですか?
治太
治太
それだけです!かなり強引に絞りだしたので、実際メリットはありません。

昔は上記でもお話した通り、海外発送でなければ購入できないCBDオイルブランドや商品もあったことが最大のメリットでしたが、今ではメリットとは言えません。

いくつか海外発送でなければ購入できないCBDオイルもありますが、今では日本で買えるCBDオイルブランの方が魅力的で海外発送でしか買えないCBDオイルに正直魅力を感じません。

良いモノなら是非試してみたいですね。海外発送でないと購入できないCBDオイルのリピーターさんなどいらっしゃいましたら教えてください。

治太
治太
Twitter」「お問い合わせ」などからお願いします。

海外発送のデメリット『配送が遅いうえに高い』『関税が気になる』『届かない?』

一般的なデメリットではないでしょうか?

CBDオイルは決して安いモノとは言えませんし、常にストックしておける訳ではありません。そもそも、関税の兼ね合いで高濃度や複数購入をちゅうちょしまいがちです。

だからこそ、購入してから素早く手元に届く方がいいじゃないですか?海外発送は国内配送と比べると届くまでに長時間かかり、配送料も高くつきます。

予定よりも遅れることも多く、このまま届かないんじゃないか?などと不安になることもあります。

最大のデメリット『最悪…大麻取締法違反で捕まってしまう?』

自分は過去に、ブルーバードボタニカルズ社のCBDオイルを愛用していました。しかし、ブルーバードボタニカルズ社はCBDオイルの製造方法を変更することを決め、それに伴い日本への輸入や販売ができなくなりました。

産業用大麻の成熟した茎・種子以外からもCBD成分を抽出する点が大きな変更点です。

この製造方法は日本では違法です。詳しくはコチラの記事で話していますので、気になる方はどうぞ。

違法CBDオイルには騙されるな!安全で高品質な商品の選び方結論は、国内発送の通販がオススメ!国外発送の通販や個人輸入はオススメしません。 違法性ゼロの高品質なCBDオイルはどこで買えばいいですか? こんな疑問に、簡単・わかりやすいをモットーにお答えします。...

CBDオイルには、輸入可能なモノと輸入不可能なモノの2種類あります。ブルーバードボタニカルズ社のように、輸入可能なCBDオイルでも途中から輸入不可能になることもあります。

日本の大麻取締法とCBDオイルの生産国の法律は同じ訳ではなく、基本的には違います。ブルーバードボタニカルズ社のように製造方法を変更や、その他なんらかの理由で途中から輸入不可能になることは珍しいことではありません。

自分は国内発送の総代理店から購入していたので、違法なCBDオイルを購入してしまうことはありませんが、海外発送で購入している場合はどうでしょうか?

国内発送の総代理店や正規販売店からの購入と海外発送の販売店の流れの違いをお話します。

国内発送の総代理店や正規販売店から購入した際の流れ『チェックが厳重』

海外の販売店や製造メーカーなど

厚生労働省から認可を受ける
(成分申請など)

税関を通過
(成分チェックなど)

日本の販売店へ届く

利用者の元へ届く

ご覧の通り、総代理店や正規販売店は輸入するモノの成分などを厚生労働省へ申請して認可を受ける必要があります。さらに、税関でも成分チェックなどを必ず受けてる必要があり、全てをクリアしたモノのみを利用者へ販売することができます。

利用者の元へ届くまでに何重ものチェックをクリアする必要があり、途中で問題があれば確実にはじかれる訳です。

海外発送の販売店から購入した際の流れ『チェックがゆるい?』

海外の販売店や製造メーカーなど

厚生労働省への成分申請や認可など不明

税関での成分チェックなど不明

利用者の元へ届く

総代理店や正規販売店を通している訳ではないので、厚生労働省へ成分申請や認可、税関での成分チェックなど全てが不明です。(チェックが一切ない場合は、違法なモノを輸入し放題になってしまうので、それはないと思いますが、全ての輸入品をチェックしているとも考えずらいので詳しくはわからず不明としています)

直接、利用者の元へ届いてしまいます。

ブルーバードボタニカルズ社のCBDオイルの話に戻りますが、輸入可能なCBDオイルでも、途中から輸入不可なCBDオイルになることや、そもそも輸入できないCBDオイルが間違って届いてしまったら大変です。

ちなみに、現在日本で購入できるブルーバードボタニカルズ社のCBDオイルほとんどありませんが、もし購入できるお店があるなら昔の製造方法で作られた合法なモノだと思います。心配なら必ず確認するようにしてください。

販売元も当然罰せられますが購入者側も罰せられますので、トラブル回避のためにも国内発送の総代理店のhemptouch(ヘンプタッチ)や正規販売店のHemp Navi(ヘンプナビ)を通して購入する方が良いしょう。

※日本国内の販売店でも海外発送のお店などもあるので購入前のチェックをオススメします。

最後に

まとめ
  • 理想の形は海外製造、国内配送
  • 海外発送のデメリットは沢山!最悪…大麻取締法違反で捕まってしまう?
  • 国内発送の総代理店や正規販売店から購入した際は、厚生労働省や関税のチェックが厳重
  • 海外発送の販売店から購入した際は、チェックがゆるい?
  • トラブル回避のためにも国内発送の総代理店や正規販売店を通して購入

以上で、CBDオイルの国内発送と海外発送の比較は終わりです。

とは言っても、CBDオイルの所持で逮捕者が出たりトラブルに巻き込まれた情報はありませんので、ご安心ください。