CBDオイル

違法CBDオイルには騙されるな!安全で高品質な商品の選び方

結論、産業用の成熟した大麻草の茎・種子のみから成分を抽出したCBDオイルなら大丈夫!※個人的な感想です(以下の記事内容も含む)

どうも、治太です。結論からお伝えしましたが、詳しい話をどうぞー!

女性A
女性A
全てのCBDオイルは、違法性ゼロの安全な商品なんですか?

こんな疑問に、簡単・わかりやすいをモットーにお答えします。

まずは、CBDオイルの原料である大麻草の種類から話を進めていいます。

大麻草には『嗜好(しこう)用』と『産業用』の2種類がある

大麻草には大きく分けて『嗜好用大麻』と『産業用大麻』の2種類があります。それぞれの特徴をお話します。

嗜好用大麻は違法『THC成分が非常に多く含まれている』

THC成分とは、俗に言う「ハイ」になる違法成分で日本では禁止されている。大麻草の印象を悪くしている大きな原因です。

嗜好用大麻には、THC成分が非常に多く含まれているため、娯楽目的で使われています。(マリファナ)

つまり、違法です。

ちなみに、医療用大麻は嗜好用大麻を使用しています。医療用大麻の場合、「ハイ」になるTHC成分よりも、CBD成分が多いことが望ましく、医療用に品種改良したCBD成分の多い大麻草を使用している。

しかし、いくら医療用であったとしても嗜好用大麻を禁止している日本では、やはり違法です。

女性A
女性A
嗜好用大麻から作られるCBDオイルはあるんですか?当然使えませんよね?
弁護士A
弁護士A
嗜好用大麻から作られるCBDオイルや類似商品は沢山ありますが、当然使えません。違法です。
女性A
女性A
間違って購入してしまうことはありませんか?
弁護士A
弁護士A
日本で違法な以上、間違って購入してしまうようなことはありませんが、Hemp Navi(ヘンプナビ)hemptouch(ヘンプタッチ)のような正規販売店や総代理店での購入をオススメします。

ここでは、『日本では嗜好用大麻から作られたモノは、どんなモノでも違法』これだけでも覚えてください。

産業用大麻は合法『THC成分がほとんど含まれていない』

産業用大麻には、THC成分がほとんど(日本の基準値は全体成分の0.3%未満)含まれていません。

日本の大麻取締法では、産業用の成熟した大麻草の茎・種子のみから作られた製品は大麻として扱わないため、日本でも認められています。

つまり、合法です。

第一条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

・大麻取締法( 昭和23年07月10日法律第124号) – 厚生労働省より引用

産業用大麻から作られている、衣類・食品・薬品・美容・肥料・飼料などの製品も大麻草の成熟した茎・種子から作っています。

女性A
女性A
成熟していないクキやタネ、それ以外の部分にTHCが多く含まれているってことですか?
弁護士A
弁護士A
「葉・花穂」「穂成熟していない茎・種子」には、ごく微量(成熟した茎・種子よりは多い程度)のTHCが含まれる可能性もあるため禁止(違法)されています。
女性A
女性A
例えば、どんな食品に使わているんですか?普段口にするようなモノなんですか?
弁護士A
弁護士A

例えば、七味唐辛子に入っている黒く大きな胡麻のようなアレです。

アレだけを大量に食べても基準値以上のTHCが摂れてしまうようなことはありません。

ここでは、『産業用大麻であっても、成熟した茎・種子以外から作られたモノは違法』『産業用大麻の成熟した茎・種子から作られたモノは合法』これだけでも覚えてください。

産業用大麻の成熟した茎・種子のみから作られたCBDオイルは『合法』

産業用大麻

成熟した茎・種子のみから成分を抽出

CBDオイル
(HTCは含まれない)

合法

もう、お分かりでしょう。

産業用の成熟した大麻草の茎・種子のみから成分を抽出したCBDオイルのみ日本で合法です。

上記で例に挙げた、衣類・食品・薬品・美容・肥料・飼料と全く同じ扱いになります。

女性A
女性A
七味唐辛子に入っている黒く大きな胡麻のようなアレと同じなんですね!安心しました!日本で使えるCBDオイルはこれだけなんですね?
弁護士A
弁護士A

そう。安心ですよね。

その通りです!大切なことなので何度も繰り返しますが…

日本で使えるCBDオイルは、産業用大麻の、成熟した茎・種子のみから成分を抽出したCBDオイルのみです!

産業用大麻であっても、葉や花穂(かほ)などからも作られたCBDオイルは『違法』

産業用大麻草

葉や花穂などからも成分を抽出

CBDオイル
(HTCを微量に含む)

違法

こちらも、お分かりでしょう。

産業用大麻であっても、大麻草の成熟した茎・種子以外の葉や花穂などからも成分を抽出したCBDオイルは日本では違法です。

女性A
女性A
嗜好用大麻から作られたCBDオイルと同じで、間違って購入してしまうことはありませんか?
弁護士A
弁護士A
やはり日本で違法な以上、間違って購入することはないと考えていますが、ほんの少し心配な点もあります。
女性A
女性A
それはなんですか?
弁護士A
弁護士A

CBDオイルの生産国の大麻取締法の問題などです。

例えば、CBDオイルの生産国の法律が日本で同じであれば安心ですが、嗜好用大麻や産業用大麻の成熟した茎・種子以外の葉や花穂などからもでもCBDオイルを生産ができる国もあります。

そんなCBDオイルを購入してしまったら大変ですよね?

詳しく話すと長くなりますので、別の機会にお話させていただきます。

やはり、心配でしたらHemp Navi(ヘンプナビ)hemptouch(ヘンプタッチ)のような正規販売店や総代理店での購入をオススメします。

最後に

まとめ
  • 大麻草には『嗜好用』と『産業用』の2種類がある
  • 嗜好用大麻から作られたモノは、どんなモノでも違法
  • 産業用大麻も実は2種類ある
  • 産業用大麻であっても、成熟した茎・種子以外から作られたモノは違法
  • 産業用大麻の成熟した茎・種子から作られたモノは合法
  • CBDオイルも、産業用大麻の成熟した茎・種子から作られたモノは合法
  • 違法なCBDオイルを購入してしまう可能性はゼロに等しいが、正規販売店や総代理店での購入をオススメ

色々お話しましたが、この記事のポイントを最後にご紹介。

大切なことなので何度だって繰り返します!

日本では、『嗜好用大麻は完全に違法』『産業用大麻であっても成熟した茎・種子から作られたCBDオイルのみ合法

購入は、『正規販売店や総代理店がオススメ』

以上です。