CBDオイル

CloudNine(クラウドナイン)|Homeos One(ホメオスワン)の口コミや感想

クラウドナインさんのホメオスワンと言うCBDオイルについて自分なりに感想を述べてみます。

暴露(ネガティブキャンペーン)的な要素を含みますので、そういうの嫌いな方は見ない方がいいかも知れません。

既に使っている方はガッカリするかもです。

それでは、どうぞ!

日本初!!ホップ由来のCBDオイル製造販売会社!?

クラウドナインさんが自分の知る限り初めての会社ですね。

製造は提携している別会社がおこなっているかも知れませんが、個人的にあまり重要ではないので深くまで調べたりはしていません。

元々は大麻由来のCBDオイルを販売していましたが、全てホップ由来のモノへ切り替えたようですね。

通常のCBDオイルは大麻由来です。

大麻由来ですと色々とありますからね。

大麻由来であることに抵抗がある人や都合の悪い人で、CBDに興味がある人にとってはかなり注目度の高い製品ではないでしょうか。

クラウドナイン|ホメオスワンのメリット

日本で唯一のホップからできたCBDオイルであること!

以上!

クラウドナイン|ホメオスワンのデメリット

3つあります。

価格が高い

これはクラウドナインさんのホメオスワンだけに言えることではありません。

日本のブランドである以上避けては通れないのが価格が高い問題です。

日本産を謳っているブランドのほとんどが利益重視の価格設定です。

ビックリするぐらいほとんどのブランドがそうなので気を付けてください。

クラウドナインさんはと言うと…

ギリギリギリギリ許せます。

日本初のホップ由来と言う点も加味できますしね。

イメージ的には適正価格の3割増しぐらいのです。

ホップ由来でない大麻由来のCBDオイルですら適正価格の10割増し以上…つまり2倍以上の価格で販売している日本のブランドもありますので気を付けてください。

効果が薄い

実際に購入して飲んでみました。

個人差はあると思いますが…自分には大麻由来のCBDオイルの方が合っている印象ですね。

体感値がまるで違います。

大麻由来のCBDオイルに抵抗がない自分としては、わざわざ割高な方を買う意味がありません。

CBD以外のカンナビノイドやテルペンの成分が大麻由来のCBDオイルと違って少ない点がやはり理由でしょう。

テルペンを配合しているようですが、結局は添加ですからね。

添加しているテルペンが、βカリオフィレンとフムレンと言う点は悪くないんですけどね。

あと、大麻由来のCBDクリスタルと似ている印象です。

大麻由来のCBDオイルに抵抗がある人の多くは、違法である最大の理由やさ依存性があると言われているTHC成分が理由なんですよね。

THC成分が限りなくゼロのCBDクリスタルでいいんじゃないのか?って思っちゃいます。

比較的、安いのも魅力ですからね。

紹介制|ネットワークビジネス|ねずみ講

最大のデメリットがこれです。

紹介制なんです。

ホームページに行っても紹介はされているが素直に買えない。

問い合わせてみると、「紹介者は?」と…

いないことを伝えると、「住所を聞かれて地域の代表者(紹介者)を紹介する!」と…

謎のシステム!

素直に買わせてくれーーー!

これって…ネットワークビジネスです!

もの凄く悪く言うと、ねずみ講です。

ちなみに、ねずみ講のような違法性はクラウドナインさんにはないと思います。

ネットワークビジネスの有名どころと言えば、アムウェイやニュースキンです。

ミキプルーンで有名な三基商事なんかもそうなんですね。

ちなみに自分はこういうシステムは嫌いで、ものすごく抵抗があります。

大麻由来とかの非にならないぐらい抵抗があります。

調べてみると日本人はネットワークビジネスを嫌う傾向にあるようで、少し安心しました。

ただ、海外では結構普通みたいですね。

よくよく考えたらアフィリエイトも似たような感じで…なんか困ったな。

まとめ

個人的な感想ですが、大麻由来のCBDオイルに抵抗がない方はわざわざ買う価値はありませんね。

抵抗があったり、ホップ由来が気になる人は自分が感じたデメリットをどう思うかで異なりますが、検討すればいいと思います。

検討する価値は、ギリギリギリギあると思います!