CBDオイル

ファミリーマートのCBDドリンク飲んでみたい!3月発売じゃないの?

この記事で取り上げるのは、CBD入りドリンクです!

世界的に見るとCBD入りドリンクの販売は決して珍しいことではありません。

なぁ~んにも特別なことはありません。

少しずつ認知されはじめているCBDではありますが、まだまだマイナーな存在…

CBDオイルやリキッドよりもドリンクはさらにマイナーな存在になるのではないでしょうか。

日本では関係ねぇーっ!わざわざ記事に取り上げる必要もないっ!て感じですが、このCBD入りドリンク…

日本でも販売されるかも知れないんです!

しかも、コンビニエンスストアの三大巨頭『ファミリーマート』が取り扱う予定なんです!

記事に取り上げない訳にはいきません!

店頭に並べばCBDオイルやリキッドよりもメジャーになる可能性を秘めています。

ファミチキを超えるヒット商品になるかも知れないCBD入りドリンクを詳しくご紹介していきます!(まだまだ情報が少なく、個人的な予想がかなり含まれています)

CBD入りドリンクの製造販売元は『New Age Beverages Corporation』

New Age Beverages Corporation(ニューエイジ)は、飲料水メーカーでココナッツウォーター・コーヒー・お茶・リラクゼーションドリンクなどを製造販売しています。

フレーバーやデザインが特徴的で、ニューエイジのドリンクを片手に写真をインスタにアップすればインスタ映えは間違いないでしょう。

View this post on Instagram

New Age Beveragesさん(@newagebev)がシェアした投稿

CBD入りドリンクの商品名は『Marley+CBD MELLOW MOOD』

Marley+CBD MELLOW MOODのMarley(マリー)は、伝説のレゲエアーティストBob・Marley(ボブ・マリー)からきています。

自分は、ボブ・マリーについて詳しい訳ではありませんが、ボブ・マリーやレゲエと大麻の関係性は深く、大麻を原料としているCBD入りのドリンクに、ぴったりのネーミングだと感じています。

ニューエイジは、ボブ・マリーのライセンスを所持している親族や会社と関わりを持ち、買収や業務提携を結んでいます。

また、ライセンスを所持している親族や会社は、ベイプ、CBDリキッド、オイルなどの商品を既に販売しています。

ニューエイジ社は、CBDの入っていない『Marley MELLOW MOOD』をリラクゼーションティーとして既に販売されています。

MELLOW MOODは、「まったり」のような意味で、CBDが入ることでよりぴったりな商品になりそうです!

『Marley+CBD MELLOW MOOD』の基本スペック

Marley+CBD MELLOW MOODの商品画像
内容量(缶) 450ml
CBD含有量 25mg
フレーバー ハーブハニー、レモンラズベリー、ピーチラズベリー
価格 不明
CBD以外の成分 不明

価格やCBD以外の成分などの詳しい情報は不明です。(情報入り次第追記や記事にします)

ただ、CBDの入っていないMELLOW MOODの価格が1缶あたり約250円(2.25ドル)で販売されています。

CBDがプラスされることで、100円(1ドル)以上、価格が上がると予想できます。

CBD以外の成分や特徴は、フルーツやハーブのエキス、エリスリトールや砂糖の使用が確認できます。

リラクゼーションドリンクっぽくカフェインレスです。

ファミマがCBDドリンクに注目したきっかけ

ニューエイジは、サンフランシスコで開催されたWinter Fancy Food Show(ウィンターファンシーフードショー)をはじめとした、イベントに積極的に参加しCBD入りドリンクをアピールしました。

イベントでは、さまざまな国の企業から注文や取引の申し込みを受け付けていたようで、その中の企業のひとつにファミリーマートの名前もあり話を進めているようです。

CBD入りドリンクは海外スペック通りに販売されない

富士山の画像

みなさんは、内容量450mlやCBD25mgのまま日本で販売されると思いますか?

残念ながら自分は、販売されるとは思えませんね。

そりゃ~販売されたら嬉しいですけど…

エナジードリンクが良い例ですよ。

エナジードリンクの火付け役と言えば、レッドブルではないでしょうか?

リポビタンDやデカビタCのようなエナジードリンクっぽい商品は確かにありましたが、なんか違う!

やっぱり、レッドブルですよね!

日本でのエナジードリンクの扱いは、内容量や肝となる成分を少なめに、価格は高めに設定されています。

それですらエナジードリンクは売れているんです。

だいぶ日本人は踊らされていますよねぇ~。(自分も含めて)

CBD入りドリンクも同じように、内容量や肝となるCBD成分は本来のスペックよりも少なめに、価格は日本のエナジードリンクと同程度から高めに設定されると予想できます。

エナジードリンクの時そうだったように、CBDドリンクでも繰り返し踊らされるでしょうねぇ~。

CBD含有量と価格が見合っていなくても文句を言う人は少ないでしょう。

そもそも本当にCBD入りドリンクがファミマの店頭に並ぶのか?

3月上旬輸入開始、3月販売開始などの情報がありますが…

実際どうなんでしょうね?どう思います?

日本って大麻にめちゃくちゃ厳しいじゃないですか!?

厚生労働省が黙っちゃいませんよ。

CBDオイルやリキッドを輸入販売している小さな規模の業者と違って、ファミマはデカ過ぎます。

ファミマからのCBD商品の販売を認めた=大麻を認めた

みたいに思われるのを嫌うんじゃないですかね?

ファミマは日本以外にも、台湾、タイ、中国、ベトナム、インドネシア、フィリピンに店舗があります。

日本以外の店舗からの発売なんかも考えられますよね。

政治的な何か?

世界的に見ると医療大麻はもちろん、嗜好大麻の合法化も進んでいます。

アメリカでも動きがあり、2018年12月に連邦法で「THC含有量が0.3%以下の大麻を規制植物から除外する」ことが決まりました。

アメリカは、連邦法と州法がありゴチャゴチャしていますが、アメリカもガチでCBDを認めたってことです。

他にも、アメリカ食品医薬品局(FDA)もCBDから作られた医薬品エピディオレックスを認めていますし、オリンピックで何かと問題になる薬物検査を取り締まる世界アンチドーピング機構(WADA)なんかもCBDを認めています。

アメリカのトランプさんがCBDをOKしたってことは…日本てアメリカの傘下みたいなイメージもありますし、政治的な何かがあってもおかしくないですよね。(政治のこととか全く知らないし興味もない)

そういう意味では、日本のファミリーマートの店頭に並ぶかも知れませんよね。

もっと別の何か?

政治のことと同じぐらい、株とか投資のことも知りませんが…

ニューエイジや関連会社の株価を上げるためのニュースなんて情報もあります。

実際上がったようですしね。(知らないけど)

『ファミマ×CBD』新情報が入り次第追記

追記:2019年3月1日

この記事を公開してから1ヶ月が経ちましたが…

以前よりもガチでファミマでCBDドリンクが発売されるんじゃないか!?と…

以前と違い前向きに考えるようになりましたね。

理由は2つあります。

ファミマ×CBDを疑っている人の意見を耳にしない

みんなすげーっす!

  • やったー!
  • 楽しみ♪
  • 値段もお手頃~

などなど…確定的なノリなんですもん!

そんなに言うなら自分も!ってことで、完全にその意見に流されちゃいました!

発売ガチっぽいですね!

VapeMania(ベイプマニア)さんに関係者の方が来店して…

vapemania-banner

ベイプや一般的なリキッドをはじめ、CBDリキッドやオイルなども扱うVapeMania|電子タバコとリキッドの専門店さん。

CBD商品を扱う店舗では、そこそこ珍しい実店舗型!

もちろんWEBでも購入できますが、実店舗を構えているだけで安心感が違いますよね。

そこへファミマ×CBDの関係者が来店され、「ファミマ×CBDの話はガチっすよ!ごにょごにょ~」みたいな話があったとかなかったとか…

これもまたガチっぽい!

ファミマのホームページでCBDドリンクをチェック!

毎日定期的にファミマのホームページでCBDドリンクの情報をチェックしていましたが、無意味でした…

基本的に、毎週金曜日の夕方頃にしか更新されません…

気になる方はチェック↓

ファミリーマート|来週の新商品ページ