CBDオイル

ホップ由来のCBDオイル買ってみた!レモン由来の情報も!

ホップ由来のCBDがあることは2018年に入った頃には耳にしてた。

自分は、大麻由来のCBDに抵抗がないことや、効果が薄そうな印象だったのですっかり忘れていたが、最近、新たにレモン由来のCBDがあることを知り、忘れていたホップ由来のCBDのことも思い出した。

レモン由来とホップ由来のCBDについて自分なりに調査してみたので報告します。

先にレモン由来のCBDについて結果をご報告します。

結果、不明です。(たぶん、ないっす)

調査不足感はありますが、なーんか、ちゃんとした情報がなくって、これ以上調べても無駄かなーって思い諦めちゃいましたね。

購入もしていません。

知ったきっかけは知人から聞きました。

実際に日本の販売ページもありましたが…自分が想像するに知識不足の人がよく調べもしないで販売ページの文章を作成したんじゃないかなー?と考えています。

実際に問い合わせてみましたが、メールのみしか受け付けておらず、回答なし…

自分なりにレモン由来のCBDオイルがある!?となったきっかけや説を考えてみました。

フレーバータイプのCBDオイル説

CBDオイルは、CBDとオイルを混ぜて作られます。

飲みやすい順番はこんな感じ「ヘンプシードオイル」<「オリーブオイル」<「MCTオイル」

一番飲みやすいMCTオイルと混ぜて作られたCBDオイルは、ほとんど無味無臭で飲みやすいですが、それでも苦手な方がいない訳ではありません。

そこで、さらに飲みやすくするためにレモンフレーバーを加え、飲みやすさを強調する謳い文句を作りました。

その謳い文句が、独り歩きしたんじゃないかと考えてました。

ヘンプの味が苦手。そんなあなたへ!飲みやすいレモンフレーバーCBDオイル!

ヘンプが苦手。そんななあなたへ!レモンCBDオイル!

大麻に抵抗がある。そんなあなたへ!レモン由来のCBDオイル!

こんな感じの説。

Lemonと言う大麻草から作られたCBDオイル説

Lemon CBDと言うバッズを発見しました。

バッズとは大麻の花穂を乾燥させたモノで、海外にLemon CBDと言うバッズがるようです。

このバッズから作られたCBDオイルがレモン由来のCBDオイルになった説。

ただですね…この場合だと、バッズは花穂であり、花穂からCBDを抽出したCBDオイルは日本では販売できないんですよね。

Lemon CBDと言うバッズがあるぐらいだいから、Lemon って言う大麻もあって(当然、産業用)、それを元に作られたのかな?

正直、全部想像。よくわかりません。

レモン由来のCBDオイルは謎…繰り返しますが、やはり不明ですね。

そもそも、レモンはミカン科に分類され、大麻のアサ科とは似ても似つかないんですよね。

半信半疑ではあったものの鵜呑みにしてしまった自分の馬鹿さ加減…

あー勉強しておけばよかった。

レモン由来のCBDオイルの話は以上!

ホップ由来のCBDオイルは大本命!

 

View this post on Instagram

 

Hemp Medsさん(@hempmedspx)がシェアした投稿

レモン由来とは違って確かに存在します。

ってか買えます!

ちなみに、ホップも大麻と同じアサ科です。

注目するべきポイントはなんと言ってもこれでしょう!

ヘンプ(大麻)由来のCBDオイルと違ってTHCが入っていない

そもそも、ヘンプ(大麻)は日本で規制されています。

誤解されている方も多くいますが、全てがNGな訳ではなく、OKなモノとNGなモノにわかれています。

簡単に言うと、OKなモノはTHCが含まれていない、NGなモノはTHCが含まれている。

もう少し詳しく言うと、産業用大麻の草の成熟した大麻草の茎・種子のみから作られたモノは合法、それ以外のモノは違法なんです。

詳しく知りたい方はコチラの記事をどうぞ。

違法CBDオイルには騙されるな!安全で高品質な商品の選び方結論は、国内発送の通販がオススメ!国外発送の通販や個人輸入はオススメしません。 違法性ゼロの高品質なCBDオイルはどこで買えばいいですか? こんな疑問に、簡単・わかりやすいをモットーにお答えします。...

理解してしまうと難しいことはないんですが、結構複雑ですからね。

そうすると、たとえ合法であっても、ヘンプ由来のCBDオイルを使うことに抵抗がある人はいると思うんですよね。

あと、大麻由来ってことで、人の目も気になったりもしますよね。

ホップ由来のCBDオイルであれば、そこの問題を解決できるんです。

THCとか、どこの部分から作られているとか、まーったく関係ないですからね。

ホップ由来のCBDオイルの取り扱いは国内で2社以上

1店舗目『ヘンプナビ(Hemp Navi)』

ヘンプナビさんは、自分がCBD系のモノを買う時に利用しているお店「第二位!」

CBDオイルを取り扱うお店としては老舗中の老舗で間違いない!

CBDオイルにはめっぽう強いがリキッド系は弱い印象かな。

肝心のホップ由来のCBDオイルの販売ですが…販売しています!

しかし、数が少ない!在庫がない!

買ってみたけど、取り寄せ状態!

CBD業界ではかなり有名なブランドでヘンプメッズ(HempMeds)と言います。

ここの新商品で、日本ではもちろん、海外でも品切れや取り寄せ状態が続出のようなんですよね。

輸入手続きはおこなっているようだが、正規販売店でも中々入ってこないみたいですね…

予約などは受け付けていないみたいなので、入荷前や入荷後に配信されるメルマガをチェックして速攻ポチる予定!

2店舗目『〇〇』

ちょとネガティブな発言が多くなるので店舗名は控えます。

なんと言うか…ネズミ講やネットワークビジネスのニオイがするお店だったんです。

ネットワークビジネスが悪い訳ではありませんが(ネズミ講は悪い)、なんか抵抗あるんですよね。

販売サイトで普通に買えればいいんですけど、どこにもポチるところがなくって…電話で問い合わせたら、紹介や商品説明会への参加がないと購入できないんですよね。

電話で問い合わせてみると、住まいを聞かれ、地域の代表者(紹介者)を紹介されたり、商品説明会への参加を促された。

ん~、好かん。

ホップ由来のCBDオイル…そのお値段は?適正価格は?

ヘンプナビさんで購入予定のヘンプメッズのホップ由来CBDオイルは、現地価格で165.99ドル…日本円にすると約20000円ってところですかね。

日本で買うとなると、海外からの送料や関税もあるので…まー高くはなるでしょう!

25000円前後であれば、良し!って感じっす。

CBD含有量は「1000mg」なので「1mg」あたり【25円】程度かな~と考えています。

バカ高い訳ではありませんし、最新の技術と思えば全然ありな感じですね。

ちなみに、ヘンプメッズはCBDブランドの中でも高級路線で、原材料の栽培から購入者の手元に届くまで3回も品質検査などをしているようです。

通常1回やればOKみたいですが、流石高級CBDブランドって感じですね。

今後、他のブランドもホップ由来のCBDオイルを出してくると予想できますが、高級ブランドであるヘンプメッズ以下の値段「1mg」あたり【20円】以下になることは充分に考えられますね。

つまり、適正価格は20円~25円程度

高級CBDブランドであるヘンプメッズの価格を基準に考えると自ずと適正価格は見えてきますね。

安すぎるモノも心配ですが、現状は「高すぎないか?」を考えた方がいいです。

何故なら…高すぎる商品が非常に多いからです。

高級CBDブランドのヘンプメッズでさえ「1mg」あたり【25円】程度と考えると、それを超える価格の商品は適正価格でないと考えていいでしょう。

値段が高いだけで品質も高ければまだいいんです。

しかし、自分の経験上、適正価格でない値段の高い商品は品質が低いんです。

ホップ由来のCBDオイルだけの話ではなく、ヘンプ由来のCBDにも言えることです。

どことは言いませんが本当に注意してください!

ホップ由来のCBDオイルに過度の期待は禁物

ホップ由来のCBDとヘンプ由来のCBDは本当に同じなのか?

自分は馬鹿だから詳しいことはわからないが、同じじゃないような気がするんですよね。

一般的なCBDオイルはCBD以外のカンナビノイドやテルペンが入っていることでアントラージュ効果が働き効果を向上させることができますが、ホップ由来のCBDオイルにはこれがありません。

強引にテルペンを添加した商品もあるみたいだけど、たったの2種類です。

フルスペクトラムCBDオイルは添加せずとも何十もの成分が残っています。

クリスタルやアイソレートのようなイメージなんですよね。

あと、実際に摂取した人の数や研究数などもまだまだ少なく未知数な点もありますからね。

でもやっぱり気になるホップ由来のCBDオイル!

少々ネガティブ発言が続きましたが、実際に感じていることです。

ただ、一度は使ってみたいですし、効果があったらマジで革命って感じですからね。

性格上ネガティブな意見から入ってしまうことはお許しください。

期待はしているんです。

最後に

ちなみに、自分がCBD系のモノを買う時に利用しているお店「第一位!」は、ヘンプタッチ(hemptouch)さんです。

CBDオイルを「980円」や「送料無料」で買える、馬鹿みたいなキャンペーンをやっていることもあるので。クソおすすめです。

あと、ホップ由来のCBDオイルが気になってこの記事を見ているんだと思いますが…

ヘンプ由来のCBDオイルのTHC成分が気になるって理由であれば、クリスタルやアイソレートタイプをおすすめします。

今回紹介した高級CBDブランドのヘンプメッズからも出ています。

クリスタルやアイソレートは極限まで精製してCBD成分のみを残した商品で、他のカンナビノイドやテルペンが極限までゼロ化しています。

THCが気になる。子供に使いたいなどの方には一般的なオイルよりもおすすめですね。

CBD含有量も高く10000円以内で購入できるのもおすすめです。

ホップ由来のCBDオイルまでのつなぎにどうぞ!