CBDオイル

世界一のフィジーク選手も使っている最新サプリメント“CBDオイル”が鬼筋肥大!

CBDオイルと筋肉の観点から話をしている人がいなかったので、過去に記事にしたことはあるが、殴り書きレベルだったので、改めて記事にしてみます。

マニアックな記事で、フィジークを意識するレベルの筋肥大やサプリメントに興味がある人しか来ないと考えているので、今回は、トレーニーしか知らないであろう用語の詳しい解説は省いていくスタイルで進めていくんでヨロシクです。

CBDオイルの説明はちゃんとします。

さっそく、使っているフィジーク選手からご紹介!

Brandon Hendrickson(ブランドンヘンドリクソン)

 

View this post on Instagram

 

This could be us but Chicago hasn’t been over not even one degree this whole week😒😂 #FBF @gsoulgraphy 💯🤞🏾🌊🏄🏾💎

Brandon Hendricksonさん(@brvndonflexx)がシェアした投稿 –

2018 Mr.Olympia(ミスターオリンピア)のチャンピオンです。

カッコイイです。

CBDオイルブランドとスポンサー契約しているようですね。

CBDオイルってどんなサプリメント?

ヒトコトで言うと「回復系サプリメント」

筋肥大に重要なのは3つですよね。

  1. いっぱいワークアウトする
  2. いっぱい食べる(栄養)
  3. いっぱい寝る(回復)

3番目のいっぱい寝る…つまり回復面を強烈にサポートすることで筋肥大に効果を発揮するのがCBDオイルなんです!

サプリメントの代表格のプロテインは栄養面をサポート、BCAAはワークアウトをサポートしていると考えてほしいですね。

細かいことを言うと、BCAAは回復面もサポートしているとも言えるかも知れませんね。

そういうサプリメントって結構な数ありますが、CBDオイルほど回復面に特化したサプリメントは少ないですね。

もう少し具体的な効果のお話をしましょうか。

CBDオイルはホメオスタシス(恒常性の維持)に働きかける

一般的な回復系サプリメントってグルタミンとかですかね。

グルタミンしかり回復系のサプリメントって、筋分解の抑制や筋肥大の促進効果がありますよね。

これって、サプリメントが筋分解や筋肥大をサポートしているイメージなんですよね。

CBDオイルは一味違って、人間そのものをサポートします。

生物には環境が変化しても体の状態を一定に保つ機能が備わっています。

この機能をホメオスタシス(恒常性の維持)と呼びます。

暑ければ汗をかき、寒ければ鳥肌が立つ、これと一緒で高強度のワークアウトをすれば、それに適応するための筋肉がつきます。

筋肥大目的のトレーニーにとっては、当たり前の話ですよね。

ただ、この機能は必ずしも正常な訳ではありません。

疲れやストレスなどでホメオスタシス機能は低下し、環境が変化しても体の状態を一定に保つことができないことがあります。

筋肥大に置き換えると、高強度のワークアウトをしても筋肉がつかないってことですね。

死活問題ですね。

ここにダイレクトアタックしくれるのがCBDオイルなんですよね。

こんなサプリメント他にはないんですよね。

この凄さイメージできますかね。

CBDオイルは睡眠にも効果は抜群だ!

最も回復するタイミングって睡眠時ですよね。

寝る子は育つって言葉があるくらい重要で、筋肥大に限らず全てのことに重要ですよね。

しかし、ワークアウトのタイミングが夜だったりすると覚醒してしまって寝つきが悪くなったり、ダイエットの時は空腹で眠れない(ケトジェニックなんてしたらマジで眠れない)なんてことないですか?

あとは、布団の中でのスマホいじりも睡眠の邪魔をしますよね。

CBDオイル…めちゃくちゃ眠れます!

口コミなどを見ると睡眠に関することは非常に多いです。

  • 不眠症が治った
  • 朝の目覚めが抜群に良くなった
  • 短い睡眠でも睡眠の質が上がって疲れが取れる
  • 熟睡できずに繰り返し起きてしまう症状が治った

など

当然個人差はありますが、自分はめちゃくちゃCBDオイルが効くタイプなようで、少し量で「あ~きた…ねむ~zzz」ってなります。

CBDオイルは他にも様々な効果がある

めちゃくちゃありすぎるので代表的なモノだけをご紹介

  • がん
  • 糖尿病
  • てんかん
  • うつ
  • 痛みの緩和

など

結構酷い病気も治ったなどを耳にしたり口コミで見るぐらいです。

トレーニーにとっては痛みの緩和はメリットかも知れませんが、ここへの過度な期待は注意ですね。

筋肉痛レベルなら問題ありませんが、関節の痛みなどは緩和されるだけで根本を治している訳ではありません。

麻酔的な感じですね。

酷くなる可能性もあるので注意ですね。

次にCBDオイルブランドをご紹介!

CBDオイルには即効性があり体感しやすい

サプリメントってぶっちゃけ効いているのかわからないことがほとんどじゃないですか?

ビタミンとかその代表格ですね。

逆に、パンプ系は体感しやすいですよね。

CBDオイルはパンプ系よりも体感しやすいと自分は感じますね。

ガチで体感値NO1だと感じています。

このあたりもスゴイ点です。

WON(ワン)創始者Jason Poston(ジェイソンポスト)

会社名はWON LIFESTYLE(ワン ライフスタイル)

アメリカの会社ですね。

CBDオイルはコロラド州で作られているようですが、オクラホマ州の会社なのかな?(英語はわかりませんね)

このあたりは正直どうでもいいですよね。

ここからです。

創始者もフィジーク選手なんですよね。

ジェイソンポストさんです。

大きな大会で華々しい活躍をする一方、パーソナルトレーナーとしての一面もあります。

ブランドンヘンドリクソンが使っている(スポンサー契約した)理由もわかりますね。

で、ジェイソンポストさんの何がスゴイって、糖尿病(T1糖尿病)なんです。

糖尿病なんかになったら筋肥大させられる気がしませんよね。

CBDオイルのCBD成分に血糖値の調整、睡眠サイクル、驚くべき回復力があることを知りCBDオイルブランドを作ったようです。

CBDオイルはどんな人が使っているの?

様々ある効果に当てはまる人で、CBDオイルに興味を持った人が使っています。

一般的には、病気や悩み(鬱など)抱えている人ですね。

トレーニーに近い存在で言えば、スポーツ選手や格闘家ですね。

代表的なスポーツで言えばNFLですね。

コンタクトスポーツの選手が好んでいる印象です。

格闘家に関してはUFCなど団体単位でCBDオイルブランドと契約している団体もあるぐらいです。

CBDオイルの効果である回復と痛みの緩和に効果が抜群なんでしょうね。

バンテリンみたいな痛い所に直接塗るタイプのCBD製品なんかもあるぐらいです。

CBDオイルはヘンプ(麻)マリファナ(大麻)からできている

このあたりの話は非常にややこしいのと長くなるので省きます。

詳しく知りたい方は「CBDオイルとは?」こちらの記事を見てください。

一つ言えることは、日本でも普通に買えるってことですね。

楽天やyahooでも購入可能ですし、実店舗で販売しているお店もあります。

OIOIや伊勢丹などのデパートや百貨店でも販売しています。

仮に違法なモノだとしたら、上記のような場所で絶対に購入できません。

合法です。

CBD成分は問題ないがTHC成分がドーピング検査には引っ掛かる?

WADA(世界アンチドーピング機関)はCBD成分を正式に認めています。

つまり、体内から検出されてもOK!テヘペロ♪ってことです。

しかし、CBD成分を抽出する際にTHC成分をはじめとする他の成分も抽出されるのだが、THC成分に関してはWADAは認めていない。

抽出される量は超超超微量で違法になることはありませんし、マリファナのようにハイになるようなこともありません。

人体に影響を及ぼす量ではないんですよね。

しかし、いくら超超超微量でもドーピング検査に引っ掛かってしまう可能性はゼロではありません。

一般的にドーピング検査を受けることはありませんが、スポーツ選手などドーピング検査がある人は注意が必要ですね。

フィジークやボディビルの大会でも言えることですよね?

JBBFに出場する選手は要注意!NPCJは平気!?

JBBFはWADAの規程に沿ったドーピング検査を実施しているJADA(日本アンチドーピング機関)の元ドーピング検査をおこなっている。

超超超微量のTHCでもドーピング検査に引っ掛かってしまうと名前を晒されたり、罰金があったりと、本人はもちろん、所属ジムなどの関係各所に迷惑をかけてしまい面倒。

アナボリックステロイドのようなガッチガチの確信犯的陽性ではないにしろ、うっかり陽性もダメはダメですからね。

NPCJのようなドーピング検査がないとされている大会であれば問題ありませんね。

このあたりはデリケートな問題なので深くは触れませんが、自己責任ってことで。

WHO(世界保健機関)やFDA(アメリカ食品医薬品局)も認めている

WHOは、全ての人々が可能な最高の健康水準に到達することを目的として作られたヤバイ(良い意味で)機関ですね。

FDAは食品、医療品、化粧品なんかを取り締まる政府機関、日本で言うと厚生労働省ですね。

どちらもCBDは身体に良いよ~!

FDAに関してはサプリメントと言わず薬にしちゃいなよ!って薬にしちゃったぐらいですね。

日本でも流行りつつはありますが、まだまだマイナーなサプリメントです。

海外ではもっと流行っているんですけどね。

日本では、ヘンプやマリファナに対して良いイメージもありませんし法律も厳しくメジャーなサプリメントにはなりそうにありませんね。

まとめ

あなたがトレニーでなく、CBDオイルの効果に当てはまる人で気になっているのであれば間違いなくおすすめします。

トレーニーに関しては、やはりドーピング問題が気になりますよね。

  • 大会でねーし!
  • 出てもNPCJだし!
  • JBBFでも問題ないっしょ!

って方には間違いなく回復系最強サプリメントであるCBDオイルをおすすめします。